MENU

NAGOYA DIAMOND DOLPHINS

MENU
HOME > DDマガジン > 【観客インタビューVol.6】ドルフィンズのここが好き!ドルファミの声をお届け!

【観客インタビューVol.6】ドルフィンズのここが好き!ドルファミの声をお届け!

interview02

2018年1月20日、21日、「新潟アルビレックス」をホームに迎えた「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」。この日はいつもの愛知県体育館ではなくパークアリーナ小牧での試合でしたが、会場内を覗くといつもと同じように熱い声援を送る多くのドルファミの姿がありました。今回も、そんなドルファミにおこなった直撃インタビューの様子をお届けします!(前回の観客インタビューは、こちら

ドルファミを直撃!観客インタビューvol.6

interview01

お友達と一緒に観戦!園さん親子とお友達(写真左から、お父さん:40歳 園和紗ちゃん:8歳 松野仁子ちゃん:8歳)

最初にお話を伺ったのは、かわいいぬいぐるみを抱えて応援に駆けつけてくれたご家族。一緒に応援に来たお友達も一緒に答えてくれました。

①ドルフィンズを好きになったきっかけは?
お父さん:僕がもともとNBA好きで、Bリーグが始まるときに家族を連れて観に来たことがきっかけでした。普段から、家族そろってテレビでドルフィンズの試合を応援しています。

②どれくらいの頻度で試合を観ますか? 
お父さん:月に1回は必ず来ています!12月は3回、ホームへ応援に行きました。

③お気に入りの選手を教えてください。
お父さん:僕は天傑選手が好きですね。娘たちは笹山選手と中東選手、それから妻は船生選手が好きです。

④「ここが最高だよ、ドルフィンズ!」というポイントは?
和紗ちゃん・仁子ちゃん:プレーがかっこいいところ!シュートが一発で入るところがかっこいい!
お父さん:若い選手が多いので今後の活躍が楽しみなところですね。選手を見守っている気持ちです。(笑)

⑤最後にドルフィンズの選手たちに一言!
お父さん:チャンピオンシップに向けて厳しい戦いが続くと思いますが、試合を大切に!勝ち続けてください!

なんと、ぬいぐるみが着ているドルフィンズの洋服は手作りだそうです!ドルフィンズを愛する気持ちがひしひしと伝わってきますね!

interview02

親子で応援に来ていた若山ご家族(写真左から、お母さん:36歳 晴花ちゃん:8歳 実咲ちゃん:6歳)

続いて、ご家族で応援に来ていた親子にインタビュー!

①ドルフィンズを好きになったきっかけは?

お母さん:去年くらいから子どもが試合を観られる年齢になったこともあり、家族で応援に来るようになりました。

②どれくらいの頻度で試合を観ますか?

お母さん:月1回くらい試合を観に来ています。

③お気に入りの選手を教えてください。

お母さん:笹山選手ですね。
晴花ちゃん:私も笹山選手!
実咲ちゃん:私も!
お母さん:私が好きだからつられてるのかな。(笑)3Pシュートが綺麗に決まるところがかっこいいですよね。初めて見たときキュンとしちゃいました。

④「ここが最高だよ、ドルフィンズ!」というポイントは?

お母さん:名古屋で活躍しているチームですし、何より若くて元気があるところが好きです。

⑤最後にドルフィンズの選手たちに一言!

お母さん:今年こそチャンピオンシップに出場してください!応援しています!

お揃いのドルフィンズTシャツがとても似合う、笑顔が素敵なファミリーでした!若山さんご家族のためにも、笹山選手の活躍に期待です!

interview03

5年前からの大ファン!佐野誠さん(47歳)

最後に、1階の応援席にいらっしゃった素敵なおじさまに突撃インタビュー!普段からDDマガジンもご覧になっているそうで、快く答えていただきました!

①ドルフィンズを好きになったきっかけは?
友達の誘いでバスケの試合を観たことがきっかけで、バスケが好きになりました。5年前くらいから試合に来ています。

②どれくらいの頻度で試合を観ますか?
毎月来ていますね!愛知県体育館であるときは必ず行くようにしています。

③お気に入りの選手を教えてください。
ササが好きです。可愛いところが好き。(笑)

④「ここが最高だよ、ドルフィンズ!」というポイントは?
色々あるけど、チームワークがいいところだね。

⑤最後にドルフィンズの選手たちに一言!
今年こそ、優勝目指して頑張って!

バッグにつけられたドルフィンズグッズの数々からも、溢れ出るドルフィンズ愛が伝わってきます。これからも応援よろしくお願いいたします!

今回のインタビュー企画でも、アリーナに響き渡る声援の一つ一つの裏側にあるドルファミのみなさんのストーリーを知りました。

声援の裏側にあるドルファミの熱い想いは、きっと選手まで届いているはずです!インタビューにご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

(取材時点:2018年1月20日)

2018年2月13日