MENU

NAGOYA DIAMOND DOLPHINS

MENU
HOME > DDマガジン > もしも、僕がお気に入りの私服でデートをするなら—中務敏宏選手編—【選手インタビュー】

もしも、僕がお気に入りの私服でデートをするなら—中務敏宏選手編—【選手インタビュー】

image4

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの選手の素顔と本音に迫るインタビュー連載。昨季に引き続き、今シーズンも「理想の私服デート」をテーマに、選手の知られざる一面をお伝えしていきます。

前回の満田丈太郎選手に引き続き、今回のお相手は中務敏宏選手(以下、中務選手)。ドルフィンズのなかでもズバ抜けた大人のセクシーな雰囲気が、ドルフィーナを中心に大人気!「私服もオシャレ」とクラブ内で話題の中務選手が考える、理想の冬デートとは?

基本はシンプルに、デートらしく明るい色味をプラス

image6

相手が寒くなっても、すぐにマフラーを貸せるようにしたい

——今日の私服のポイントはどこでしょう?

中務:ずばり、シンプルなところですね。ミニマリストなので、ファッションにおいても無駄なものは身につけないです。基本はモノトーンでまとめつつ、デートなので明るいキャメル色をジャケットで取り入れています。

——シンプルで攻めつつ、寂しい印象にならないよう色味もプラスする。コメントから察するに、普段からファッションに気を遣っているのでは?

中務:どうなんでしょうね(笑)。「月1くらいのペースで服を買えたらな」とは思っていますが、基本的に白いシャツが好きで、同じ服を何枚もストックしてるんですよ。小さな子どももいるので、怪我をしないように金物のアクセサリーも滅多に身につけないです。

image1

——前回、同じ企画で満田丈太郎選手に取材をしたとき、「(スポーツをしているせいか)暑がりだから、マフラーはほとんどつけない」と話していました。中務選手は、マフラーを身につけていますね。

中務:僕の奥さんが、めっちゃ寒がりなんですよ(笑)。冬のデートなんで、相手が寒そうにしていたらすぐに貸せるよう、若干厚着でもいいかなって。

教養があって、よく笑う女性とデートがしたい

image5

自分のやりたいことを頑張り、家庭も大切にする北川景子さんが理想

——その私服を着て、一緒にデートを楽しみたい理想の女性について教えてください。

中務:端的に言えば、教養と愛嬌がある女性ですね。道端で挨拶をされたら、ちゃんと挨拶を返す。外食に行ったら、テーブルマナーをわきまえて食事をする。一般常識がそれなりにあって、かつ笑顔で接してくれる人にグッときちゃいます。

——芸能人でいうと、どなたが理想に近いですか?

中務:間違いなく、北川景子さん(笑)。自分のキャリアを積み重ねつつ、家庭も大切にしている感じが好きです。やっぱり好きな人には、自分のやりたいことを頑張ってもらいたい。

——まさに、教養と愛嬌を兼ね備えた女性の理想像ですね。北川景子さんのような女性には、どのようなデート服を希望しますか?

中務:TPO(時、所、場合)に合った服装なら、僕は細かいこと言いません(笑)。自分と同じ様に、相手も頑張ってオシャレをしてくれていると思うので。結婚式もそうですが、僕は、デートは「女性が主役」だと考えています。なので、僕がとやかく言うよりも、彼女自身が“非日常”を演出してくれるなら、それで十分です。

image7

——中務選手のコメントは、相手を思いやる優しさがひしひしと伝わってきます……。デートも、紳士的にエスコートしてくれそうです。

中務:基本はエスコートしたいですけど、2~3回に1度くらいは、相手にリードしてもらうのも良いですね。彼女が何に興味あるのか知りたいし、そのほうが向こうも楽しいんじゃないかな。

——なるほど。お互いが適度に主導権を持つことで、うまくバランスを取るんですね。ちなみに、デート中にキュンとくる女性の仕草はありますか?

中務:そうだなあ……。あまり仕草で心を打たれることはないですね(笑)。それよりも、自分の好きなことを一生懸命に取り組んでいる“姿勢”にグッと惹かれます。頑張って仕事をしている横顔とか? 最高だなって思いますね。

大人な冬デートで、非日常感を楽しみたい

image2

美術館に始まり、ランチビュッフェ、プレゼントの贈り合いで充実した1日を

——中務選手がデートをエスコートする場合、どんな冬デートに行きたいですか?

中務:せっかくなんで、デートするエリアは名古屋にしますね。11時くらいに待ち合わせて、まずは名古屋市美術館の絵や建築を見に行きたいです。近くに「ヒルトン名古屋」があるので、そこのランチビュッフェでお互いの好きなものを食べながら、たくさん話をするのが理想。

——ホテルのランチビュッフェいいですね!自分の好きなものを思う存分食べられるし、相手の好き嫌いも分かる。

中務:僕自身、オフが平日になることが多いので、ホテルビュッフェも落ち着いて楽しめると思います。ランチのあとは栄まで移動して、買い物がしたいかな。予算を決めてお互いにプレゼントを探す!一緒にまわるのもいいし、一旦解散するのもアリです。

——最高ですね……。何でもない日にこそ、プレゼントを送り合うの憧れます。買い物のあとは?

中務:彼女が帰りやすいよう、駅直結の夜景が見えるレストランでディナーに行きたい。そこでさっき買ったプレゼントを交換するのも楽しそうですよね。帰りは駅のホームで。ベタかもしれないけど、もっと一緒にいたくて、電車を何本も逃すシチュエーションにも憧れます(笑)。

image3

どのコメントを取っても、相手への気遣いと優しさが伝わる中務選手。時折、奥さんとの微笑ましいエピソードを交えながら、理想の冬デートについて語ってくれました!

心が温かい彼と一緒におでかけすれば、寒い冬のデートだって一気に楽しくなりそう。きっと彼女が何も言わなくても、「寒そうだね」って声をかけながらマフラーを貸してくれる。

その罪な笑顔を前にすれば、体の芯から溶けちゃいそうです……。

(取材時点:2018年12月19日)

チケットの購入はこちら

2019年2月5日

オフィシャルパートナー

オフィシャル・ウェア・サプライヤー

オフィシャル・トリートメント・パートナー

オフィシャル・メンズビューティ・パートナー