MENU

NAGOYA DIAMOND DOLPHINS

MENU

GAME REPORT試合レポート

HOME > ゲームレポート > 【BリーグチャンピオンシップQF】5月13日(日)vs 琉球

【BリーグチャンピオンシップQF】5月13日(日)vs 琉球

13日、B.LEAGUEチャンピオンシップ クォーターファイナル2017-18の「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 琉球ゴールデンキングズ」戦 ゲーム2、ゲーム3が沖縄市体育館で開催されました。
ゲーム2では、大事な時間にシュートがまったく決まらなかったドルフィンズは62-66の4点差で敗戦。この結果により、5分前後半のゲーム3に突入。
ゲーム3では、小さな1つのミスが命取りとなったドルフィンズは 12-17 5点差で敗戦。
この結果により1勝2敗となり、ドルフィンズはクォーターファイナル2017-18で途中敗退となりB.LEAGUE 2017-18SEASONは幕を閉じた。

 
【ゲーム2】
ドルフィンズ ●62 – 66○ 琉球
第1Q:17 – 20
第2Q:14 – 09
第3Q:19 – 17
第4Q:12 – 20
 

第1Q、琉球##4岸本選手の3Pシュートからスタート。一方ドルフィンズはシュートが決まらず、得点することができない。
その後琉球はファウルトラブルに苦しめられてしまう。
ここをチャンスとドルフィンズは#8張本選手が3Pシュート、#12中東選手がバスケットカウントと得点を重ねていく。
その後ドルフィンズはミスが続き、攻撃のチャンスを失ってしまう。すると琉球#12マーティン選手にゴール下、#33ブラウン選手にレイアップシュートと連続で得点を許してしまう。
その後両者得点の取り合いが続き、ドルフィンズは#12中東選手や#8張本選手が力強いレイアップシュートを決めると、
琉球は#11須田選手がジャンプシュート、#12マーティン選手がリバウンドシュートと反撃していく。
最後に琉球#0石崎選手に3Pシュートを許すと 17-20 ドルフィンズ3点ビハインドで第2クォーター。
 

第2Q、琉球#11須田選手のゴール下からスタート。一方ドルフィンズはシュートが決まらず得点することができない。
残り8:28 琉球#12マーティン選手にゴール下を許すと、ドルフィンズは早々タイムアウトを要求 17-24 ドルフィンズ7点ビハインド。
タイムアウト明け、ドルフィンズは#18中務選手のジャンプシュートでようやく得点を重ねる。一方琉球はシュートが決まらず得点が止まってしまう。
残り6:45 ドルフィンズ#18中務選手が3Pシュートを決めると、今度は琉球がタイムアウト 22-24 ドルフィンズ2点ビハインド。
タイムアウト明け、両者シュートが決まらず時間だけが過ぎていく。
残り4:45 オフィシャルタイムアウト 22-24 ドルフィンズ2点ビハインド。
オフィシャルタイムアウト明け、琉球#51古川選手のジャンプシュートからスタート。しかしその後琉球はミスが続き、攻撃することができない。
ここをチャンスとドルフィンズは#24バーレル選手や#12中東選手が3Pシュートを決め、再びリズムを取り戻していく。
最後にドルフィンズ#34ブラッキンズ選手が3Pシュートを決めると 31-29 ドルフィンズなんとか2点リードで後半へ。
 

第3Q、琉球#51古川選手のフリースローからスタート。一方ドルフィンズは#21笹山選手がレイアップシュートで応戦する。
その後もドルフィンズは#8張本選手が4回目のファウルを取られるなど、ファウルトラブルに苦しめられてしまう。
すると琉球はファウルで得たフリースローで得点を稼いでいく。
苦しい場面でなんとか集中したいドルフィンズは、#9安藤選手が3Pシュート、#24バーレル選手がジャンプシュートと確実に得点を沈めていく。
さらにドルフィンズはオフェンスの勢いが増し、#9安藤選手が3Pシュートを決めリードを保っていく。
残り4:47 ドルフィンズ#24バーレル選手がジャンプシュートを決めると、琉球はたまらずタイムアウトを要求 45-38 ドルフィンズ7点リード。
タイムアウト明け、ドルフィンズはファウルトラブルとなってしまう。さらにシュートが決まらないドルフィンズは、我慢の時間が続く。
一方琉球は#0石崎選手や#11須田選手がジャンプシュートを決め、再び息を吹き返していく。
なんとか反撃したいドルフィンズは、古巣相手で気合の入る#88大宮選手がリバウンドシュートを決めると、最後に#9安藤選手がブザービーターを決め 50-46 ドルフィンズ4点リードで最終クォーターへ。
 

第4Q、ドルフィンズ#9安藤選手のレイアップシュートからスタート。一方琉球は#12マーティン選手のゴール下で応戦する。
その後ドルフィンズは#24バーレル選手がベンチテクニカルファウルを取られると、流れが一変する。
これに動揺したドルフィンズはシュートがまったく決まらず、リズムを崩してしまう。
残り7:06 琉球#30アームストロング選手にダンクシュートを許すと、ドルフィンズはタイムアウトを要求 52-53 ドルフィンズ1点ビハインド。
タイムアウト明け、両者シュートが決まらない。
なんとかこの流れを打破したいドルフィンズは、#33ティルマン選手がレイアップシュート、#21笹山選手のパスを#6船生選手がゴール下に走り込んで得点していく。
残り4:57 琉球#12マーティン選手のゴール下が決まると、オフィシャルタイムアウト 56-55 ドルフィンズ1点リード。
オフィシャルタイムアウト明け、ドルフィンズ#34ブラッキンズ選手のフリースローからスタート。しかしすぐに琉球#12マーティン選手がレイアップシュートで応戦する。
その後ここに来てシュートが決まらないドルフィンズは、相手に点差を詰められてしまう。
残り0:47 琉球#30アームストロング選手にリバウンドシュートを許すと、ドルフィンズはタイムアウトを要求 60-64 ドルフィンズ4点ビハインド。
タイムアウト明け、ドルフィンズは最初のシュートは外れるものの、オフェンスリバウンドに飛び込み再びチャンスを繋いでいく。
しかし折角のこのチャンスを得点に結びつけることができない。
ここからドルフィンズはファウルゲームを仕掛けるものの、相手にフリースローを決められてしまう。
大事な時間にシュートがまったく決まらなかったドルフィンズは 62-66 でドルフィンズ4点差で敗戦。この結果により、5分前後半のゲーム3に突入。
 

【ゲーム3】
ドルフィンズ ●12 – 17○ 琉球
前半:05 – 02
後半:07 – 15
 

前半、琉球#12マーティン選手のゴール下からスタート。しかしすぐにドルフィンズ#24バーレル選手がバスケットカウントで応戦する。
その後両者シュートが決まらず緊迫した時間が続いていく。
残り0:13 ドルフィンズ#24バーレル選手がレイアップシュートを決めると、琉球はタイムアウトを要求 5-2 ドルフィンズ3点リード。
タイムアウト明け、琉球は最後の攻撃を仕掛けるもののシュートを決めることができない。
5-2 ドルフィンズ3点リードのまま後半へ。
 

後半、ドルフィンズ#33ティルマン選手のゴール下からスタート。しかしすぐに琉球#12マーティン選手がフリースローで応戦する。
その後ファウルトラブルのドルフィンズは、相手にフリースローを与えてしまう。
その後琉球は#0石崎選手が3Pシュート、#51古川選手がジャンプシュートで得点していく。
一方ドルフィンズは、相手のディフェンスに阻まれタフショットしか打つことができない。
苦しい状況の中、ドルフィンズは#34ブラッキンズ選手がなんとか3Pシュートを沈め、相手の背中を追いかけていく。
残り0:38 琉球#51古川選手にジャンプシュートを許すと、ドルフィンズはタイムアウトを要求 10-13 ドルフィンズ3点ビハインド。
タイムアウト明け、ドルフィンズは折角の攻撃のチャンスを、ミスで相手にボールを与えてしまう。
ここからドルフィンズは時間を稼ぐためにファウルゲームを仕掛けていく。しかししっかりと集中している琉球は、このフリースローをすべて沈めていく。
小さな1つのミスが命取りとなったドルフィンズは 12-17 5点差で敗戦。
この結果により1勝2敗となり、ドルフィンズはQUARTERFINALSで途中敗退となりB.LEAGUE 2017-18は幕を閉じた。

 
【梶山信吾ヘッドコーチ 試合後コメント】
琉球さんが本当に素晴らしいバスケットをしていました。
会場の声援を背に受けながらディフェンス、オフェンス共に気持ちが入っていて、本当に素晴らしいチームと戦えたことは誇りに思います。
僕たちも琉球さんとここまで試合ができたこと、1つ勝てたこと、今シーズン(全63試合)では選手たちが最後まで諦めずに頑張ってくれて選手たちに感謝しています。
負けた責任は僕の責任なのでしっかり受け止めたいと思います。本当に選手たちに「ありがとう」と言いたいです。
 
シーズン最初は苦しい試合が続いていました。琉球さん相手にも0勝4敗でした。
見て頂ければわかるのですが、シーズン序盤といまのチームは全く違うチームになっています。
しっかり自分たちがやってきたことを信じて、自信をもって胸を張ってシーズンを終えたいと思います。

 
【#21 笹山貴哉選手 試合後コメント】
今日は、昨日の僕たちのスムーズなオフェンスをさせてもらえなかったです。
難しい試合になるのは分かっていましたが、簡単にボールを持たせてくれなかったり、
バーレル選手のところへダブルで守られたり、相手がアグレッシブにやってきました。
もう少しうまくボールを回して、うまくオフェンスを組み立てられれば良かったです。
 
相手のプレッシャーに僕たちがアップアップになってしまって一歩外、一歩外に出されてしまいました。
3Pラインでボールを回せればシュートの確率が1人でもありましたが、3Pラインの外に出されそこでボールをただ回しているだけでシュートを狙う所が無かったのは感じました。
もう一歩中に入れればとは思いました。
 
悔しいです。昨日勝てたのに今日少し守りに入ってしまいました。
リードしていたのに最後逆転しされて、僕たちの経験不足なとこもありますし、
どう勝ち切るかはまたチャンピオンシップはレギュラーシーズンと違うと今終えて感じました。

 


 

「名古屋D vs 琉球」ゲーム2 BOXスコア→https://goo.gl/NfQcvz
「名古屋D vs 琉球」ゲーム2 ハイライト→https://goo.gl/9rmjG9

「名古屋D vs 琉球」ゲーム3 BOXスコア→https://goo.gl/f6Mjg6
「名古屋D vs 琉球」ゲーム3 ハイライト→https://goo.gl/MWtpBA