MENU

NAGOYA DIAMOND DOLPHINS

MENU

GAME REPORT試合レポート

HOME > ゲームレポート > 【Bリーグ第16節】12月26日(水)vs 滋賀レイクスターズ

【Bリーグ第16節】12月26日(水)vs 滋賀レイクスターズ

26日、B.LEAGUE 2018-19シーズン 第16節ホーム「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 滋賀レイクスターズ」戦がドルフィンズアリーナで開催されました。
前半は相手のスローペースに飲み込まれてしまったが、後半はディフェンスや得意のアウトサイドシュートでしっかりとリズムを作ったドルフィンズが 85-71 14点差で勝利!

 
ドルフィンズ 〇 85 – 71 ● 滋賀
第1Q:13 – 16
第2Q:16 – 14
第3Q:29 – 22
第4Q:27 – 19
 
第1Q、滋賀#31ラワル選手のリバウンドシュートからスタート。しかしすぐにドルフィンズ#8張本選手が3Pシュートで応戦する。
その後ドルフィンズはシュートが決まらず得点を重ねることができない。
すると滋賀は#32狩野選手が3Pシュート、#40フィッシャー選手がダンクシュートでリードを広げていく。
その後滋賀はゾーンディフェンスを仕掛けてくる。しかしドルフィンズはここをチャンスと#9安藤選手が連続で3Pシュートを沈めていく。
するとここで滋賀はすかさずタイムアウトを要求 残り4:22 10-11 ドルフィンズ1点ビハインド。
タイムアウト明け、滋賀#31ラワル選手のフリースローからスタート。
一方ドルフィンズは#34ブラッキンズ選手が2回目のファウルを取られるなど、ファウルトラブルに苦しめられてしまう。
なんとかリズムを取り戻したいドルフィンズは、スティールから#12中東選手がバスケットカウントで会場を沸かしていく。
最後に滋賀#8二ノ宮選手にジャンプシュートを許すと 13-16 ドルフィンズ3点ビハインドで第2Qへ。
 

第2Q、ドルフィンズ#3満田選手のバスケットカウントからスタート。さらに#2カミングス選手のフリースローへ続く。
一方滋賀はファウルトラブルで攻撃のチャンスを失ってしまう。
その後、ドルフィンズは相手のスローペースに飲み込まれ、なかなかアップテンポなプレーに持ち込むことができない。
残り4:57 オフィシャルタイムアウト 22-20 ドルフィンズ2点リード。
オフィシャルタイムアウト明け、ドルフィンズ#2カミングス選手の1on1からスタート。一方滋賀はミスが続き、得点が止まってしまう。
その後滋賀は#31ラワル選手のダンクシュートでようやく得点すると、#32狩野選手が3Pシュートで続く。一方ドルフィンズはシュートが決まらず我慢の時間が続く。
残り1:12 滋賀#8二ノ宮選手に3Pシューを許すと、ドルフィンズはタイムアウトを要求 28-28 同点。
タイムアウト明け、ドルフィンズ#34ブラッキンズ選手がフリースローで得点するものの、最後に滋賀#40フィッシャー選手にジャンプシュートを許してしまう。
29-30 名古屋1点ビハインドで後半へ。
 

第3Q、滋賀#32狩野選手のジャンプシュートからスタート。さらに#40フィッシャー選手のジャンプシュートへ続く。
一方ドルフィンズは#2カミングス選手がジャンプシュート、#0小林選手が3Pシュートと相手に隙を与えない。
その後滋賀は#31ラワル選手を中心にゴール下で得点を決める。一方ドルフィンズは、古巣相手で気合いの入る#34ブラッキンズ選手が速攻や3Pシュートと多彩に得点を重ねていく。
一気にオフェンスのテンポを掴んだドルフィンズは、#2カミングス選手が速攻、#9安藤選手が技ありのレイアップシュート、
さらに#12中東選手のスティールから#21笹山選手が速攻と、みんなで得点を重ねていく。一方滋賀はここに来てミスが多く、攻撃権を失ってしまう。
残り0:56 ドルフィンズ#9安藤選手がスティールから速攻を決めると、滋賀はたまらずタイムアウトを要求 55-49 ドルフィンズ6点リード。
タイムアウト明け、滋賀は#40フィッシャー選手のバスケットカウントでようやく得点する。
しかし最後にドルフィンズ#9安藤選手が今度は得意の3Pシュートを決めると 58-52 ドルフィンズ6点リードで最終Qへ。
 

第4Q、ドルフィンズ#34ブラッキンズ選手のジャンプシュートからスタート。しかしすぐに滋賀#35伊藤選手が3Pシュートで応戦する。
その後ドルフィンズは#2カミングス選手や#12中東選手が果敢にゴールに切り込み、レイアップシュートをねじ込んでいく。
残り7:38 ミスマッチになったドルフィンズ#9安藤選手へ、#21笹山選手がパスを通し得点すると滋賀は慌ててタイムアウト 66-57 ドルフィンズ9点リード。
タイムアウト明け、滋賀は#40フィッシャー選手のジャンプシュートでやっと得点する。しかしその後滋賀はドルフィンズの激しいディフェンスに対し、ミスが止まらない。
一方ドルフィンズはディフェンスからチャンスを作り、#2カミングス選手がジャンプシュートやレイアップシュート、
さらに#21笹山選手の天使のフローターシュートが久しぶりに決まると、一気に相手を突き放していく。
残り4:50 スティールしたボールをドルフィンズ#9安藤選手が3Pシュートを決め、相手にダメージを与えると、オフィシャルタイムアウト 75-61 ドルフィンズ14点リード。
オフィシャルタイムアウト明け、滋賀は#32狩野選手の3Pシュートで得点する。しかしその後も滋賀はファウルトラブルで完全に流れを失ってしまう。
最後にドルフィンズ#9安藤選手が止めの3Pシュートを決めると勝負あり。
前半は相手のスローペースに飲み込まれてしまったが、後半はディフェンスや得意のアウトサイドシュートでしっかりとリズムを作ったドルフィンズが 85-71 14点差で勝利!

 
【梶山信吾ヘッドコーチ 試合後コメント】
今日の試合は選手たちが40分間、最後まで集中力を切らさず
自分たちのディフェンス、オフェンスをやった結果がこういった点差で勝つことができました。
本当に選手たちに感謝したいです。
前半はお互いいいディフェンスだったので中々いいシステムショットセレクションだったり
ミスは少なかったですが、中々シュートが入らなくて重くなってしまいしたが、
何も悪いことは1つもなかったのでそんなにアジャストするところはありませんでした。
後半に入ってディフェンスの精度がもっと上がって後半だけで50点以上取れましたし
全員1分でもチームのために頑張ってくれる選手がいるので今日は本当にベンチメンバーを含めて12人全員、コーチメンバー、スタッフメンバーに感謝したいなと思います。

 
【#34 クレイグブラッキンズ選手 試合後コメント】
いい戦いだったと思います。
前半少しうまく噛み合わなかったところもありましたが、後半ディフェンスを上げたのが勝った要因ではないでしょうか。
以前所属していたチームと対戦するのは友達もいたり、コーチングスタッフも何名か知っているので
ファンもすごくいい方が多いのでいつも対戦は楽しみにしています。

 
「名古屋D vs 滋賀」 BOXスコア→https://goo.gl/qbNfWT
「名古屋D vs 滋賀」 ハイライト→https://goo.gl/BVpsT3
 

オフィシャルパートナー

オフィシャル・ウェア・サプライヤー

オフィシャル・トリートメント・パートナー

オフィシャル・メンズビューティ・パートナー