DD MAGAZINE

新しい席が6種類も増えたドルアリは試合観戦が快適に!新設シートレポート!

新しい席が6種類も増えたドルアリは試合観戦が快適に!新設シートレポート!

2019-20シーズンが開幕し、一層盛り上がりを見せる名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。今シーズンもドルフィンズアリーナに熱いドルファミ(ドルフィンズファミリー)が集まり、会場はドルフィンズのクラブカラーである真っ赤に染まっている。そんなドルフィンズアリーナでは今シーズンから新しい席が6種も新設された。今回は、それら新発売の席を実際に利用したドルファミの声と共にメインMCを務めるMEGURU、サブMCはるたむ、ダイヤモンドルージュを交えて紹介する。

テーブルシート

image5.jpg

まずは、1階の3箇所に新しく設置された「テーブルシート」。

椅子の前に大きなテーブルがついており、ドルフィンズマルシェで購入したフードやドリンクを置くことができる。

利用された方からは「今までは膝の上に置いて食べていたが、テーブルを使って落ち着いて食べることができ、快適に観戦できた」との声。

また、ゴール側の席ではより迫力ある観戦を楽しめるのもポイント。

料金:
【前売り】5,000円/【当日】5,500円
【前売り】3,600円/【当日】4,100円 (ゴール側)

ビギナーズシート

image4.jpg

こちらは、1階ホームゴール側に新設された「ビギナーズシート」。
名前の通り、バスケットボール観戦が初めての方にオススメのシートとなっている。

1階ゴール側なのでコートとの距離が非常に近く、試合の空気感をより近くで感じることができる。

さらにこの席では、ポケットラジオが用意されており、試合中にプレーの解説をを聞くことができるので、バスケットボール観戦が初めてでも安心。

この席をきっかけにバスケットボールにハマってみてはいかがだろうか。

料金:
【前売り】大人2,600円/小中高1,600円
【当日】大人3,100円/小中高2,100円

ペアテーブルシート

image7.jpg

続いて、同じく1階ゴール側に新設された「ペアテーブルシート」。
専用のテーブル(円卓)があり、二人だけの空間でバスケットボール観戦することができる。

ゆったりと座ることができ、二人で話しやすいスペースなのでカップルや夫婦にオススメだ。

利用された方からは「食事や荷物の点でも便利で、コートと近いのでバスケットボールの迫力をダイレクトに感じられた」と満足度は非常に高い。

ペアで観戦する場合には必見だ。

料金:
【前売り】15,000円/【当日】16,000円 (※2席分の価格)

サイドテーブルシート

image6.jpg

本シートは2階に新設された「サイドテーブルシート」。
写真のように椅子の横にテーブルがついた席となっている。

フードやドリンクを置くのにちょうどいいサイズで、快適に観戦することができる。会場全体を見渡せる場所なので、試合はとても見やすく、コート全体を観たい人にオススメ。

料金:
【前売り】3,000円/【当日】3,500円

畳BOXシート

image2.jpg

「サイドテーブルシート」と同様に、2階席中央に位置する「畳BOXシート」。
席全体に畳が敷いてあるので、そのまま畳に座って見ることもできる。

さらにテーブルは固定されていないので、自由に動かして使える。

利用された方からは「周りの席から少し独立しているので話しやすく、畳なので小さな子どもも自由に動くことができて良い」と高評価。

くつろぎながら悠々とバスケットボール観戦してみては?

料金:
【前売り】1~3名 15,000円、1~4名 20,000円
【当日】1~3名 16,000円、1~4名 22,000円 (※いずれもBOXでの価格 )

ソファーBOXシート

image1.jpg

最後は、2階中央の「ソファーBOXシート」。
大きなソファーに座りながらリッチな気分でバスケットボール観戦することができる。

サイドにテーブルもあるので、フードやドリンクの置き場所にも困らない。

利用された方からは「リラックスしてゆったりと座ることができ、くつろぎながら試合を見られたので満足」と良好な感想をいただいた。

ちょっと贅沢な気分でバスケットボール観戦してみたい方は是非。

料金:
【前売り】2名 12,000円、4名 24,000円
【当日】2名 13,000円、4名 26,000円(※いずれもBOXでの価格 )



以上、6種類のシートを今シーズンから新設。いずれの席も今までとはちょっと変わったポイントを持っていて、観戦スタイルに合わせて席を選べるようになったのではないでしょうか。いつもとは異なる席で、ドルフィンズを応援してみるのも試合をより楽しめるに違いない。

今シーズンは是非とも新しい席からプロバスケットボール観戦を楽しもう!



bnr_pia (2).png